キャッシング って

@SaynNk 俺キャッシングしたことあるけど、もう、出来ない。

利息ww笑えなかった

財布がピンチ! 足りないお金をどう作る? http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140909-00013402-president-bus_all

■銀行系カードローンは消費者金融と変わらない 「大手銀行のカードローンならもっと金利が安いのでは? 」――確かに、大手銀行のカードローンには金利が年14.6%というところもあります。

では、10万円を年14.6%で借りて毎月1万円ずつ返すとしたら?  返済回数は11回、総支払額は10万7280円、利息は計7280円。

消費者金融と大きな違いはありません。

 では、クレジットカードに付いているキャッシングなら?  大手カード会社のキャッシング利率は年18%のところが多く、消費者金融と同じ水準。

借りるのに抵抗は少ないものの、うかつに借りると多額の利息を払うことになってしまいます。

■借りるより持っているものを使うのが先 そもそも「お金がちょこっと足りないから、ちょこっと借りればいいや」と考えるのが間違いのもと。

足りないときは、借りるのではなく、持っているものを使うのが大原則です。

まずは使っていない銀行口座のお金や、引き出しにしまったままのお祝い金などをかき集めてみましょう。

もし商品券やビール券などの金券があれば、金券ショップに持って行って現金化してください。

 もう着ない服や使わないバッグ、アクセサリーなどをリサイクルショップに売るのもおすすめです。

実は私、この夏に、ネットオークションのショップに段ボール箱2個分を送って4万円ほどゲットしました。

部屋も片付いて一石二鳥! ■定期預金があれば超低金利で自動融資 中には、定期預金を持っているのに「せっかく貯めたものに手をつけたくない」と考える人もいるようです。

定期預金は解約すると普通預金の利子しかつきませんが、超低金利が続いている今は、解約しても大差なし。

ただ、総合口座に入っている定期預金なら、解約しなくてもお金を借りることができます。

 これは「自動融資(当座貸越)」というサービスで、定期預金を担保に、その金額の90%(最高200万円)まで借りられるというもの。

金利はその定期預金の金利+0.5%なので、今なら年1%以下で借りられるはず。

 もし自動融資で10万円借りる場合、金利年0.8%で3カ月(90日)後にまとめて返すとしたら?  支払う利息は197円で済む計算になります。

 総合口座には普通預金がセットされているので、自動融資を受けるときはこの普通預金口座からお金を引き出すだけ。

キャッシュカードを使うのももちろんOKです。

普通預金の残高で足りない分が借り入れになり、引き出し後の残高はマイナスになります。

返済するときは、この普通預金に入金すればそのまま返済に充てられます。

海外での買い物、どの方法で支払うのが得か? http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140705-00012849-president-bus_all

 この夏、海外旅行を計画している人に、少しでも有利かつ便利に外貨を使うワザを紹介しよう。

 まずはクレジットカードと現地通貨(キャッシュ)。

どちらも日本円から外貨に両替する際に手数料がかかる。

まずは、この2つの手数料を比べてみよう。

 日本円を米ドルに両替する場合の手数料は、クレジットカードでは、カード会社の決める基準レートの1.63%程度(三井住友VISAカードの場合)。

一方、キャッシュの場合は国内の金融機関の基準レートに1米ドルあたり3円程度が上乗せになる(2014年6月現在。

以下同)。

1米ドル=100円とすれば、キャッシュの手数料は3%程度になり、コスト面ではクレジットカードのほうがお得だ。

 そこで、ホテルの支払いや買い物などまとまった金額の支払いにはクレジットカードを使い、タクシー代やチップ用にキャッシュを少し用意するのが基本。

 クレジットカードは海外のATMでキャッシングすれば現地通貨の引き出しも可能。

ただし、年率20%近い金利がかかることが多いので、帰国したらすぐに返済することが重要だ。

 キャッシュは現地で両替すると割高になる場合もあるので、日本である程度は準備しておきたい。

 国内で外貨に両替する窓口は銀行、両替商(金券ショップ)、一部のFX会社などで、手数料はそれぞれ異なる。

また、同じ銀行でも一般店舗と外貨専門店舗で手数料が違うこともある。

 たとえば日本円を米ドルに両替する場合、みずほ銀行では1米ドルあたりで一般の店舗で3円、外貨専門店舗で2.7円。

 両替商は一般的に手数料が低めで、大黒屋の例では1米ドルあたり2.25円(店頭の場合)。

 FX会社の手数料はさらに安く、たとえばマネーパートナーズでは1米ドルにつき0.2円程度。

ただし、外貨を受け取るまでに8日~2週間かかり、受取手数料が500円かかる(通貨の種類、限度額、受付時間などの利用条件は会社により異なる)。

ショッピング枠の有効活用! キャッシング枠と比べ利息が低いショッピング枠で現金入手。

http://j.mp/h4JlU7 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です